【和スイーツ】 抹茶どら焼き



レシピ提供 SATOKO 

海外でも広くアニメ放映されている人気漫画「ドラえもん」の効果で海外問わず人気が衰えない和菓子、「どら焼き」。小倉こしあん、小倉つぶあん、栗入り、いろいろありますが、白あんに抹茶を加えた「抹茶どら焼き」はヘルシーで見た目も楽しいどら焼きです。



材料
(3個分:皮が普通サイズで6枚できます)
卵     1個
砂糖    35g
はちみつ  6g
みりん   6g
重曹    2g
お水    10g
小麦粉  50g
白餡        60g
抹茶           3g 

つくりかた
1. 卵と砂糖をすり混ぜる。
2. はちみつとみりんを加え混ぜる。
3. 重曹をお水に溶いて、加え混ぜる。
4. 小麦粉を加え混ぜる。
5. 生地を30分位置く。
6. テフロン加工のフライパンで油を敷かずに弱火で焼く。
7. 上がぷつぷつして来たら、ひっくり返し、10秒程度焼き
できあがり。
8. 白餡★に抹茶を練りこみ、よく混ぜる。
9. 2枚の皮に抹茶餡を挟む。

★白餡のつくりかた(1kg分)
材料: 
白インゲン豆 500g
砂糖 500g 
ゆでる水
つくりかた :
1. 豆を水洗いし、1晩お水につける。
2. たっぷりのお水で茹でる。沸騰したら差し水をする。この作業を2回繰り返す。
3. 再度沸騰したらザルにあげ、水で洗う。
4. 鍋に戻し、たっぷりのお水で、沸騰させながら、柔らかくなるまで煮る。
5. 柔らかくなったら、ザルで濾す。(下にボールを置き、水をかけながら、皮を取り除く)
6. ボールに溜まった中身をさらに細かい目のザルで水をかけながら濾し、残った皮等を取り除く
7. ボールに豆の中身と水が溜まるので、豆が沈殿したら、上澄みを捨てる。
8. 水を加え、かき混ぜ、置き、また豆が沈殿したら、上澄みを捨てる(上澄みが綺麗になるまで繰り返す)
9. 綺麗になったら、ふきんで濾し、水を十分絞る。
10. 鍋にグラニュー糖とグラニュー糖が浸る位の水を入れ、沸騰させる。
11. グラニュー糖が溶けたら、豆の2/3を加え混ぜる(強火)
12. 再度沸騰したら、残りも加え、木杓子で混ぜながら、焦がさないように気をつけつつ、炊く。
13. こんもりしてきたら、火から下ろし、バットに空け、濡れ布巾をかけ、冷ます。
これで、白餡が1㎏程できますので、つくりおきして、いろいろなレシピに応用させてみてください。

コメント

人気の投稿