【被災地支援】 お茶の発送

バルセロナ スペイン

震災から3週間が経ちました。日本と関わりのある企業として何か出来ることはないかとずっと考えておりました。そんな折、弊社のお茶の生産者の一人である「京都宇治おぶぶ茶苑」の松本さんとの会話の中で、今被災地で求められている物資リストの中にお茶があるということを知りました。そこで、急遽おぶぶ茶苑さんにお願いして、「ざ・抹茶はうす」からの救援物資として、京都宇治のお茶を被災地へ直送していただくことになりました。おぶぶ茶苑さんご自身からの支援、他の協力者からの支援も合わせて、本日4/4、茶葉30kg、急須50個が被災地へ発送されました。


















救援物資のお茶を用意するおぶぶ茶苑の松本氏 2011年4月4日撮影















おぶぶ茶苑さんの茶畑にて 2009年8月撮影
 (左: おぶぶ茶苑 松本氏 中央: ざ・抹茶はうす 薬師神)

被災地の方々の復興に向けての戦いはまだ始まったばかり、その戦いは長期戦になるといわれています。 支援も長期戦になることを覚悟し、出来ることを続けていきたいと思います。

今回の支援詳細:

▼支援物資
茶葉と急須

▼支援物資配布先
宮城県石巻市
岩手県釜石市
岩手県宮古市田老町

▼支援物資送り先
名称 釜石市 「 働く婦人の家」
業種 役所・公共機関地方機関地方機関(市町村)
住所  〒0260045 岩手県釜石市小川町

コメント

  1. Yさん、ご無沙汰しております。お茶が届いた被災者の方々、さぞ喜ばれたことでしょうね。緑茶がなかったら調子が悪くて生きていられないと思っている私のような者にとっては、この上ないニュースに思えます。
    私もオリーブオイルを被災地に届けるため色々トライしていますが、一般的にオリーブオイルは生活に浸透していないので、必需品リストにはなく、他の方法でお届けしなくてはなりません。復興活動が長期化するので急いで届けるのではなく、今は確実に使ってもらえ、使用方法の指導ができる方法を実施して行こうと思っております。
    Yさんの関係機関でオリーブオイルなどを使えそうなところがありましたら、検討させていただきますので、どうぞご連絡ください。いつも美味しそうなレシピを楽しませていただいています。

    返信削除

コメントを投稿

人気の投稿