抹茶のレシピ ~ヨーロッパの食材を活かした抹茶レシピ集~

皆さん、こんにちは。バルセロナ発の抹茶レシピ集です。海外で抹茶のお菓子を作るのは大変ですよね。まず新鮮な抹茶がなかなか手に入らない、海外で調達できる食材を活かしたレシピがなかなか無いなどなど。このブログでは海外、とくにヨーロッパでも簡単に手に入る食材で作れる抹茶レシピを紹介しています。日本にはないヨーロッパ風のアレンジも沢山載せていきます。海外にいても抹茶をたくさん料理したい方は是非ご活用下さい! ざ・抹茶はうすはお陰様で2014年春、設立5周年を迎えます。本年もご愛顧賜りますよう何卒よろしくお願い致します。 編集部 info@thematchahouse.com

2012年10月8日月曜日

ほうじ茶ロールケーキ

秋になりました。温かいお茶が美味しい季節ですね。皆さんは毎日どんなお茶を飲まれていますか? 私は寝る前はほうじ茶と決めています。ほうじ茶はカフェインやタンニンが少ないので、睡眠を妨げることもなく、胃への負担もあまりないことから、小さな子供からお年寄り、病人の方にも安心して飲んでいただける、やさしいお茶です。

さて、今日は、その体にやさしいほうじ茶を製菓用のパウダーにした COOK HOJICHA 100G を使用して、ほうじ茶ロールケーキをつくってみました。 しっとりした甘いロールケーキの生地に、香り高いほうじ茶粉末を練りこみました。ほうじ茶の香ばしさとほのかな苦味が決めての、後を引く美味しさです。

(注)写真のロールケーキのクリームにはつぶ餡が混ぜてあります。














材料

卵      3個
砂糖     60g
小麦粉   50g
オリーブ油 20g 
牛乳     20ml
ほうじ茶パウダー 5g
生クリーム 100ml


つくりかた

1.牛乳を温め沸騰直前で火をとめる。
2.ほうじ茶パウダーに1.を加えよく溶かし2回濾す。
3.オリーブ油と合わせ、冷めないように湯煎にかけておく。
4.天板にオーブンシートを敷いておく。 オーブンを180℃にあたためておく。
5.ボールに卵を割りほぐし砂糖を少しずつ加えすり混ぜる。
6.5を湯せんにかけながらハンドミキサーで泡立てる。温まったら湯せんからはずし更に混ぜる。
7. 生地が白っぽくもったりとするまで泡立てる。 最後は、低速で1~2分生地のキメを揃える。
8.7.にふるった小麦粉を、さらにふるいながら2回に分けて加える。左手はボールを持ち手前に回し、ゴムベラを使って底 からすくい上げるような感じで混ぜる。
9.しっかり粉が混ざったら、生地をひとすくい別のボールに入れ、3.(ほうじ茶の入った牛乳・オリーブ油)を加えよく混ぜる。
10. ほうじ茶の入った牛乳・オリーブ油の生地を戻し、全体につやが出るほどにやさしく混ぜる。 生地を天板に流しいれ、平らにならす。
11. 天板を2回程3㎝ぐらいの高さから落とし生地の中の余分な空気を抜く。 180℃約10分オーブンで焼く。
12.焼きあがったら天板をテーブルにトンと叩きつけ生地の中の熱を逃がす。
13. 生地を天板からはずし、そのまま冷ます。
14. 生地を裏返しクッキングシートをはがす。元に戻し巻き終わりを斜めにカットする。
15.生クリームをあわ立てる。
16. 生クリームを手前はやや厚くだんだん薄く塗っていきます。 最初はやや押さえ気味に巻き、その後は生地をいためない様にまく。
17.そのまま冷蔵庫で30分ほど休ませる。

0 件のコメント:

コメントを投稿